teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


有馬富士公園のキクイタダキ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月18日(金)14時13分10秒
返信・引用
  ソウシチョウを写した後、4人の撮り鳥屋さんはミヤマホオジロのポイントへ
行くと言うので、また同行させてもらった。ミヤマホオジロのポイントに着く
すぐにミヤマホオジロは出て来たが、すぐに引っ込んだ。また出て来るのを待
ちながら話をしていたら、一人の撮り鳥屋さんがキクイタダキを見つけた。ヤ
マガラやエナガと一緒に松の木を飛び回っていた。このキクイタダキは、一番
小さい鳥で、頭に黄色の線がある。その黄色の線が見えるように写すのが鉄則
だとか。でもこのキクイタダキ、動きっぱなしで、全然じっとしてくれないし
下からだとエナガと区別がつきにくい。キクイタダキと思って写したのは、ほ
とんどエナガだった。一人の撮り鳥屋さんにホバリングしているのがキクイタ
ダキと教えてもらって、やっと写せた。が、なかなか頭の黄色の線が写らない
。キクイタダキばかり60枚ほどうつしたが、頭の黄色の線が写ってるのは、
写真3の1枚だけ。他の撮り鳥屋さんは10枚以上写していた。まだまだ未熟
でんなあ。一人の撮り鳥屋さんは、キクイタダキを3年ぶりに写したと、感激
していた。まあ、キクイタダキを見れただけでもラッキーでした。
 
 

有馬富士公園のソウシチョウ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月17日(木)14時10分38秒
返信・引用
  有馬富士公園へ来た目的は、ソウシチョウとミヤマホオジロを写すこと。ところ
が、この両方の鳥、どこにいるのか分からず公園をうろうろと歩いていたら、4
人の撮り鳥屋さんが何やら写していた。ソウシチョウとミヤマホオジロのいる所
を聞いた。すると、みんなで今から行くと言うので、同行させてもらうことに。
まずソウシチョウのポイントへ。それは有馬富士への登山道であった。そこには
名前は忘れたけど、ソウシチョウの食べる実の成る木がある。その木にはもうほ
とんど実は食べつくされているとのこと。一人の撮り鳥屋さんが、道の隅に鳥の
餌を置いた。すると10分ほど待つと、ソウシチョウが出て来た。しかし、そこ
は登山道。しょっちゅう人が通るのである。その度にソウシチョウは逃げる。が
また10分ほど待つと、出て来る。また人が通ると逃げる。この繰り返しだった
。でも4~5回出てきてくれたので、いっぱい写せた。この4人の撮り鳥屋さんに
感謝。
 

有馬富士公園の鳥達

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月16日(水)14時23分42秒
返信・引用
  4日は、三田の有馬富士公園へ行きました。新名神高速道路が出来て、三田も
早く行けるようになりました。べつに新名神高速道路を使ったわけではなく、
その側道沿いに行けるのです。着くとすぐにいろいろな鳥が出てきました。ま
ずジョウビタキの雌、ルリビタキ、モズ、等。遊歩道を行くとアトリ(写真1
)が出てきました。久しぶりのアトリです。池の端にはホオジロのメス(写真
2)。その近くにはジョウビタキの雄(写真3)が。そのわりには撮り鳥屋さん
は、あまり見かけませんでした。
 

大泉緑地のシメ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月15日(火)14時29分29秒
返信・引用
  大泉緑地のオジロビタキを写した後、またオオタカを写しに頭泉池へ移動。その
途中でシメを発見。木の黒い実を食べていました。このシメ、食べるのに一生懸
命で、真下を人が通っても逃げません。シメの撮影はそこそこに、頭泉池に急ぎ
ました。池の端には10人ほどの撮り鳥屋さんがいました。前回は一箇所に集ま
っていましたが、この日はバラバラにいました。オオタカはどこからも綺麗には
、見えなかったのです。撮り鳥屋さん、三脚に付けた大きな望遠レンズを担いで
あっちえ行ったりこっちへ来たりと、何とかよく見える場所を探していました。
でも木の枝が邪魔をしたりして、いい場所はありませんでした。結局、この日は
オオタカの撮影は諦めました。
 

大泉緑地のオジロビタキ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月11日(金)14時30分55秒
返信・引用
  大泉緑地の水流でいろいろな鳥を写していて、ふと対岸の奥の方を見ると
人だかりが。そこにも何か鳥がいるのではと思って、行ってみた。その人
だかりの中から、一人の撮り鳥屋さんがこちらへやって来た。聞くと「オ
ジロビタキの撮影会ですわ」。行くと、なるほど撮影会みたいにオジロビ
タキを取り囲んで写しているでは。その端っこに参加したら、すぐにオジ
ロビタキは何処かへ行ってしまった。みんな「第三幕の終わりや。またす
ぐに出て来るわ」と言っていたので待つことに。場所も真ん中寄りに入れ
てもらった。10分ほどでオジロビタキは出て来た。この鳥、面白い。木
の枝から枝へ飛び移りながら、尾羽をピンと立てるのである。そこが狙い
目らしい。尾羽を立てると一斉に凄いシャッター音が。でもこの鳥は逃げ
ない。もう慣れているみたい。2~3分出てくると、すぐに茂みに入る。
10分ほどでまた出て来る。これの繰り返しでした。欲を言えば、もう少
し前で写したかった。
 

大泉緑地の鳥

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月10日(木)14時24分38秒
返信・引用
  服部緑地公園のもそうだったが、正月三が日は大阪府営の公園の駐車場は
無料開放されている。なので正月休みは大阪府営の公園廻りをする予定だ
ったが、2日は完全休養日にして1日ボーっと過ごした。3日は、何処へ
行こうか迷ったが、阪神高速ですぐに行ける大泉緑地へ行った。そこでは
えらい光景が。まず、人口川へ。そこには20人以上の撮り鳥屋さんがい
た。みんな川の方へレンズを向けている。すぐにその中へ加わった。狙い
はカワセミだった。2羽のカワセミが30~40メートルの間、川の上を
行ったり来たり。あっちの木の枝に、こっちの石の上に留まって愛想をふ
りまいていた。すると、対岸にはシロハラが出てくるし、真ん中あたりに
はエナガがいるし。シジュウカラは飛び回るし、メジロもいるし。その度
にみんな三脚を担いで行ったり来たりで、お祭り状態。でも1種類の鳥に
絞らないとあかんなあ。欲張るとええ写真写せんわ。いっぱい写したらえ
えっちゅうもんちゃうなあ。
写真1 シロハラ
写真2 カワセミ
写真3 メジロ
 

服部緑地公園のアオバト

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月 9日(水)14時09分51秒
返信・引用
  イカルを写した後、川に沿って服部霊園の方へ歩いていたら、後ろから2羽の
鳥が飛んで来て、霊園の入口の木の茂みに入った。もしかしたらアオバトでは
と思って急いで霊園の入口へ行った。そこには二人の撮り鳥屋さんがいた。顔
を見るなり「アオバト、アオバト」と言いながら、指を指した方を見ると、な
んとアオバトが。それから次々とアオバトが飛んで来た。ちょうど木の葉が無
い所に4羽ほど留まってくれた。写していると、アオバトが次々と向こう側に
降りていった。ここからは見えないので、向こう側に行こうかどうか迷ってい
たら、急にアオバトが一斉に東の方へ飛んで行ってしまった。もう少しおって
くれればいいのに。でも念願のアオバトが見れてよかった。
 

服部緑地公園のイカル

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月 8日(火)14時05分46秒
返信・引用
  服部緑地公園で、またミソサザイが出るのではと期待して待っていると、いつも
よく会う撮り鳥屋さんが、もう一人来た。顔を見るなりミソサザイのことを聞か
れた。ついさっき出てきたと言うと、えらい悔しがっていた。しばし3人で雑談
。後から来た撮り鳥屋さんは、前日の大晦日にも来たとのこと。その時、新宮池
でトモエガモがいたとのこと。それを聞いてすぐに新宮池に急行。他の二人はそ
のままミソサザイを待ってるらしい。新宮池に着くとすでに4~5人の撮り鳥屋
がいた。聞くとトモエガモはいないとのこと。それでも期待して、まだ待ってる
らしい。一緒に30分ほど待ったが、出てこないので、諦めてアオバトがいるか
もしれない服部霊園へ向かった。天竺川に沿って霊園の方へ歩いていたら、イカ
ルの群れがいた。久しぶりのイカルだった。木の枝と地面を行ったり来たりして
いた。写していたら、散歩の人がゴールデンレトリバーを連れて来た。イカルの
群れは飛び去った。
 

服部緑地公園のミソサザイ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月 7日(月)14時46分52秒
返信・引用
  元旦から撮り鳥に行きました。まずは、服部緑地公園へ。昨年写せなかった
ミソサザイのリベンジに。やっぱり元旦から撮り鳥に来ている人は、誰もい
なかった。公園に来ている人もまばら。ミソサザイのポイントで待っている
と、後ろから「おめでとうございます」。振り向くと、いつもここでよく会
う撮り鳥屋さんでした。聞くと、朝早くから千里北公園へミコアイサを写し
に行ったとか。でも雌はいたが雄はいなかったらしい。それで、ここへ来た
とのこと。10分ほど待つと、この撮り鳥屋さんが「ミソサザイ、出た出た」
と。でもなかなかわからなかった。近くへ来てやっとわかった。ミソサザイ
枯葉のような色で、わかりにくい。よほど目が良くないと、見つけられない
。近くへ来たのは、ほんの一瞬。すぐに奥へ行ってしまった。でも念願のミ
ソサザイが写せてよかった。今年は幸先いい年です。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2019年 1月 7日(月)14時29分5秒
返信・引用
  少し長かった正月休みも終わり、今日からまた仕事。正月休みは撮り鳥三昧。
おかげで、写した鳥の種類が100を超えました。これは多いのか少ないのか。
ちなみに、伊丹の昆陽池公園では、1年間に確認された鳥の種類は230種類。よ
く会う撮り鳥屋さん、6年間で写した鳥の種類は270種類。これらに比べると、
まだまだ少ない。まあ、毎日鳥を写しに行ってるわけではないので、こんなも
んでしょう。でも、200種類くらいは写したいなあ。
 

黒池のミコアイサ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月28日(金)13時11分6秒
返信・引用
  伊丹の西池には、ユリカモメ以外の鳥はいないので、隣の黒池へ。黒池には
マガモ、ヒドリガモ、オオバン、それにお目当てのミコアイサがいました。
撮り鳥屋さんも二人いました。狙っているのはやはりミコアイサ。でも遠い
。横で思わず「遠いなあ」と、つぶやくと「待ってたら近くへ来ますわ」と
言ってくれたので待つことに。しばらくすると徐々に近づいてきたが、それ
でもまだ遠い。でも、ここのミコアイサはかなり綺麗な羽をしている。パン
ダの顔がはっきりわかるけど、あいにく曇り空なので目がわからない。晴れ
るまで待ったが、とうとう晴れなかった。また来年来よう。
今年はこれまで。また来年。それでは、よいお年をお迎えください。
 

西池のユリカモメ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月27日(木)14時12分28秒
返信・引用
  服部緑地公園の新宮池で会った撮り鳥屋さんに、伊丹の西池と黒池に、もっと
綺麗なミコアイサがいると教えてもらった。場所は、伊丹北高校の前。でも伊
丹北高校がどこにあるかわからないので聞くと、コーナンとスーパーの万代の
西らしい。で、服部緑地公園の帰り、カーナビで探して行ってみた。この万代
は、よく行く万代やった。西池は思ったより広い池だった。でもミコアイサや
他の鳥はいなかった。いたのはユリカモメとコサギだけ。そのコサギもすぐに
飛んで行ってしまった。あとはユリカモメだけ。しゃあないからユリカモメに
挨拶。
 

服部緑地公園のミコアイサ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月26日(水)14時57分21秒
返信・引用
  服部緑地公園の新宮池の端を、水面が見える所までやって来た。そこには
撮り鳥屋さんが3人、水面をにらんでいた。ミコアイサのことを聞くと、
まだ出てこないとのこと。他に、ハシビロガモやキンクロハジロ、マガモ
がいたが、まだ睡眠中。10分ほど待つと、2羽のミコアイサが出てきた
。が、遠いし逆光。少しでも近くで順光の所に皆で移動。ちょっとは近く
なったが、まだ遠い。近くへ来てくれるのを待ったけど、池の真ん中でう
ろうろとするだけ。このミコアイサ、まだパンダ模様になってないので、
雄か雌かわからない。年明けには、はっきりするでしょう。その時また来
よう。
 

服部緑地公園のゴイサギ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月25日(火)14時17分46秒
返信・引用
  服部緑地公園のうずわ池から新宮池へ行った。この池は、春ごろアオサギが
子育てをしていた池。その巣はどうなったのか見に行くと、池の端の木は、
先の台風で倒れたまま、放置されていて近づけなかった。しかたなく池を反
時計回りに行くと、木の枝にゴイサギがいた。このゴイサギ、近づいても逃
げないでじっとしたまま、ほとんど動かない。しばらく様子を見ていたら、
首を延ばして、何かを狙っているようなので、見ていたが、結局何もしない
で、また元通りに。期待させるなよ。
 

服部緑地公園のカワウ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月21日(金)14時23分24秒
返信・引用
  服部緑地公園の円形花壇から、うずわ池に、ミコアイサはいないかと思って
行ったが、鳥は1羽もいなかった。ちょうど通りかかった撮り鳥屋さんに聞
くと、ミコアイサはこのうずわ池ではなくて、南の野外音楽堂の裏の新宮池
だとか。この撮り鳥屋さんも、これから行くらしい。付いて行こうとして、
ふと池を見ると、突然カワウが出てきた。池に潜っていたらしい。撮り鳥屋
さんは、見向きもしないでさっさと行ってしまった。カワウはまた潜った。
潜ったままなかなか出てこない。長い間潜っていられるようです。すると、
このカワウ近くに魚を咥えて出てきた。えらい大きな魚を捕った。魚が大き
過ぎて、なかなか飲み込めないらしく、苦労していた。そのうち魚を落とし
てしまった。もっと適当な大きさの魚を捕ればいいのに、欲を出して大きな
魚を狙ったからですわ。
 

服部緑地公園のジョウビタキ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月20日(木)16時55分16秒
返信・引用
  服部緑地公園でミソサザイが出てこなかったので、他の鳥を探しに。以前
ユースホステルがあった所へ行きました。今はもう何もおまへん。今でも
ユースホステルはあるのかなあ。学生時代にはよくユースホステルを利用
して、あっちこっち旅行したげどなあ。あの頃は、1泊700円で泊まれた。
北海道から九州まで、あちこちにユースホステルはあったけどなあ。ユー
スホステルの会員になるのに、裁判所の裏手の北口山スキ研究所へ行った
なあ。今でもあるのかなあ。懐かしいなあ。服部緑地公園のユースホステ
ルがあった所に、ジョウビタキがいました。近づくとすぐに飛んで行きま
した。それから円形花壇の所にも、ジョウビタキがいました。同じ鳥がど
うかは、わかりまへん。ここのジョウビタキ、近くへ行っても逃げなかっ
ので、同じ鳥ではないと思います。
 

服部緑地公園のキセキレイ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月19日(水)15時33分57秒
返信・引用
  服部緑地公園でルリビタキを写した後、ミソサザイを写しに裏手のポイントへ。
そこにも5人の撮り鳥屋さんがいました。聞くと、もう2時間近く待ってるけど
まだミソサザイは出てこないとのこと。昨日はよく出てきたらしいとの話。じっ
と20分ほど待って、出てきたのはキセキレイ。皆で、退屈しのぎにこれでも写
そかと言いながら写していました。もう10分ほど待ってもミソサザイは出てこ
なかったので、諦めて他の場所へ。
 

服部緑地公園のルリビタキ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月18日(火)15時47分49秒
返信・引用
  先週、野鳥情報を見ていたら、服部緑地公園にルリビタキとミソサザイが出た
との情報が出ていた。で、15日の土曜日、やっと午後から行くことができま
した。急いで行くとすでに10人ほどの撮り鳥屋さんがスタンバイ。5分位待
つと、ルリビタキは出てきました。このルリビタキ、たいそう愛想がよく、近
くをあっちへ行ったりこっちへきたりと、サービス満点。このルリビタキばっ
かり200枚ほど写しました。近くに山茶花が咲いており、地面にその花びら
が落ちています。バックにこの花びらを入れて写したかったが、その場所は、
撮り鳥屋さんでいっぱい。写真3では、前に山茶花の花が置いてあるが、これ
自然に落ちたのではなく、たぶん誰かが置いたものと思われます。いろいろと
演出する人もいるのですわ。
 

大泉緑地のエナガ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月17日(月)14時27分56秒
返信・引用
  大泉緑地のオオタカが、ほとんど動かないので諦めて他を廻ることに。菖蒲園
の所の木に、エナガがいました。でも木の枝を飛び回っていて、なかなか思う
ようには写させてくれまへんねん。ずっと追いかけてたら、池を飛び越えて行
ったので、諦めました。
 

大泉緑地のオオタカ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月14日(金)14時59分45秒
返信・引用
  堺浜から次は大泉緑地へ行った。野鳥情報によるとオオタカが出ているとの
こと。着くとすぐにオオタカがいる木道へ。木道のすぐ近くで10人ほどの
撮り鳥屋さんがいた。聞くとオオタカの若鳥が向かいの木にいるとか。でも
なかなかわからなかった。詳しく教えてもらって、やっとわかった。かなり
遠い。おまけにあっち向いてるし、ほとんど動かない。しばらく待ってたが
変化なし。すると二人の撮り鳥屋さんが移動したので付いて行った。そこも
遠いし、逆光。前には木の枝。また元の所へ帰ったら、撮り鳥屋さんが「あ
そこもあきめへんやろ」それから、かなり待ったが、オオタカは動かなかっ
た。
 

堺浜のトビ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月13日(木)14時24分36秒
返信・引用
  何処かへ飛んでいったチョウゲンボウを探していたら、公園の入口の近くの
電線に1羽のトビがいた。少しづつ近づいていったら、飛んで電柱の近くの
電線に留まった。電柱には、もう1羽トビがいた。また少しずつ近づいて行
ったら、もう1羽トビが来た。合計3羽のトビ。この3羽は、しばらく留ま
っていた。ずっと上ばかり見ていたら、首がおかしくなってきたので、もう
帰ることにしました。
 

堺浜のチョウゲンボウ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月12日(水)14時21分41秒
返信・引用
  堺浜で、いつミサゴが飛ぶかと待っていた。その時、何の気なしに後ろの
公園をみたら、望遠レンズでこちらを写している人がいた。まさか我々を
写しているわけ無いわなあと思っていた。ワシが後ろを見ていたので、隣
にいた撮り鳥屋さんも後ろを見た。その撮り鳥屋さんが言った。「あ、チ
ョウゲンボウ。」我々のいたすぐ後ろの街路灯に、チョウゲンボウがいた
。我々のほうを写していた人は、このチョウゲンボウを写していたのでし
た。逆光やったが、かなり近くで写せた。が、他の三人の撮り鳥屋さんは
長い望遠レンズなので、近すぎるらしく、三脚を担いで移動したら、この
チョウゲンボウ飛んで急降下。草原で何かを捕って、看板に留まって食べ
ていた。それを追いかけたら、もう食べ終わって林の方へ飛んだ。探すと
木に留まっていた。皆で写す間、じっとしていてくれた。そして「もうえ
えか」と言わんばかりに、何処かへ飛んで行ってしまった。あんなに近く
でチョウゲンボウを見たのは、初めて。
 

堺浜のミサゴとトビのバトル

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月11日(火)14時16分25秒
返信・引用
  堺浜でカンムリカイツブリを写していたら、横にいた撮り鳥屋さんが「来た」
と言いながら、カメラを上に向けた。見るとミサゴ。それもトビに追いかけら
れているでは。このトビしつようにミサゴを追っています。ミサゴも一生懸命
逃げてるけど。速さはトビが速い、が、ミサゴのほうが旋回性能が勝る。まる
で戦争中の零戦とグラマンみたいや。古いなあ、今頃そんなこと誰も知らんで
。結局2羽とも何処かへ飛んで行ってしまった。後で写真を拡大して見ると、
ミサゴが魚をくわえてるのがわかった。トビはその魚を狙ったのかも。
 

堺浜のカンムリカイツブリ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月10日(月)14時26分40秒
返信・引用
  少し前の先月の25日に、よく会う撮り鳥屋さんに教えてもらった、堺市にある
「海とのふれあい広場」の堺浜へ行きました。ここにはミサゴが多くいるとのこ
とで。場所は堺の埋め立て地。シャープの西側。広い公園でした。来ている人は
ほとんどが犬連れ。この公園には、ドッグランがあるのです。それも大型犬と小
型犬用の二か所も。いろいろな犬を連れてきて遊ばせていました。珍しいボルゾ
イや、ニューファンドランド犬もいました。小型犬はチワワやダックスフントが
ほとんど。どの犬も楽しそうに走り回っていました。上空にはすでにミサゴが飛
んでいました。急いでカメラの準備をしてたら、ミサゴはいなくなりました。堤
防にはすでに、デッカイ望遠レンズの撮り鳥屋さん三名がミサゴを狙っていまし
た。でも、ミサゴがいる防波堤まで遠い。近くへ来るのを待っていると、カンム
リカイツブリが来ました。このカンムリカイツブリ、カメラを向けると潜ってし
まい、どこから上がってくるかわからない。とんでもない所から出てきます。す
ると今度は、いきなり水面を走りだすやら。わけのわからない鳥でした。
 

紅葉 2018 積善寺

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月 7日(金)14時26分15秒
返信・引用
  等持院の庭を一通り廻ったら、もう昼を過ぎていた。この日は午後から用事が
あるので、帰らないといけないのだ。一日ゆっくりと放し飼い状態になってみ
たい。帰りは高速代をケチってR9から亀岡経由で。亀岡でもい一箇所寄って
行こう。と言うことで、積善寺へ。ここの紅葉も色が良くない。石段に積もる
散り紅葉を写したかったが、時期早々であった。おまけに午後からは山影に入
って日が射さない。来年でも、もう一回チャレンジしよう。紅葉も先日来の雨
で、ほとんど散ってしまったと思う。また来年のお楽しみですわ。と、言うて
るうちに、すぐにクリスマスですわ。もうそろそろルミナリエが始まりまんな
あ。
 

紅葉 2018 等持院

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月 6日(木)14時28分29秒
返信・引用
  圓光寺の次は、詩仙堂へ行こうと思ってたが、この分だと圓光寺よりも混雑
していそうなので、今回はパス。でも次は何処へ行こうか悩んだ末、衣笠の
等持院へ行くことに。等持院は、紅葉の名所ではないので、人も少ないと思
って。でも紅葉は多くはないが、あることはある。着くと、やはり人は少な
い。来ていたのは二組のカップルだけ。ほぼ貸し切り状態。残念なことに、
今本堂が工事中のため、入れない。でも庭さえ見れればいい。けどやっぱり
本堂前の紅葉は写したかった。
 

紅葉 2018 圓光寺 後編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月 5日(水)14時24分34秒
返信・引用
  圓光寺の紅葉も、今一つ。赤くならずに黄色。ここは黄色と言わずに黄金色
とでも言っておこう。でもこの人の多さは、半端ない。人の列が途切れるま
で、人のいない所をうろうろと。地蔵さんを写してたら「ああ、これ、かわ
いい。写そう」。窓からの紅葉を写してたら「いやーー、ここええやんか」。
とスマホを持ったネーチャンがやってくる。うつしてはすぐにインスタ何チ
ャラに投稿するらしい。その場にしばらく立ってる。そんなん家に帰ってか
らでええやないか。ええ歳したオッサンまでやってるがな。インスタ何チャ
らが、そんなに大事かいな。同じ写真がインスタ何チャラに、いっぱい出て
るのんとちゃうか。ワシ、スマホ持ってないからわからんけど。
 

紅葉 2018 圓光寺 前編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月 4日(火)14時37分41秒
返信・引用
  曼殊院の次は、圓光寺へ。曼殊院からトコトコ歩いて10分ほど。着くと、何や
これは。人がウジャウジャおるやないか。通路も人でいっぱい。写真を写すど
ころではない。人をかき分けて中へ。みんなスマホ。一眼レフの肩身の狭いこ
と。あっちでもこっちでもスマホで、自撮り棒で。あのインスタ何チャラいう
のにUPするのか。何時からこうなったんや。座敷の中でも、みんなスマホをか
ざしてるやないか。後ろから写すのに、もう邪魔でしゃあない。でも一瞬人が
おらんようになる時がある。そこをすかさず写しまんねん。なんでこんなに苦
労せなあかんねん。もう寺の中はスマホ持ち込み禁止にしたらええねん。
 

紅葉 2018 曼殊院

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年12月 3日(月)14時52分16秒
返信・引用
  もう12月だっせ。どないなってんねん。速過ぎるやないか。あっという間に
正月が来まっせ。テレビでは4Kやの8Kやのと騒いでるけど、ワシには関係お
まへん。4Kの上等のテレビがないもんで。でも4Kで紅葉の景色を見たら綺麗
やろなあ。と、思ってたら、まだ今年紅葉を見に行ってへんがな。鳥ばっか
り追いかけててたら、忘れてた。早く行かんと終わってしまうがな。で、昨
日行ってきましたがね。新名神高速道路が出来て京都まで早くいけるので、
やっぱり京都へ。でも京都は混んでるからなあ。でも行こう。いつものよう
に、早朝出発。まずは詩仙堂へ。白川通から曼殊院道へ入ったとたん、一乗
寺からの人が来るわ来るわ。かなり手前の駐車場から満車。それからずっと
満車。しゃあないから曼殊院へ。ここは少し遠いから空いてる。一番乗りか
と思ったら、もういっぱい来てるやないか。みんなタクシーで来るみたい。
曼殊院は何回か来た。が、今年の紅葉は、色がええことないなあ。こんなに
暖かいからか。葉が赤くならずに散ってる。前に来た時はもっと綺麗やった
のに。でも贅沢は言えない。来れるだけで、幸せでっせ。
 

淀川のキンクロハジロ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2018年11月30日(金)14時33分34秒
返信・引用
  赤川の淀川河川敷でカイツブリを写した後、毛馬へ。川岸へ行くとどこからか
キンクロハジロがやって来た。近くまで来るところをみると、人から餌をもら
ってるのかも。川に沿って歩いていると、食べ物を持ってないのにずっと付い
てきた。よほど腹が減っているのかも。上空には何やらトビのような鳥が飛ん
でいたが、遠すぎて写せなかった。この後駐車場へ戻りながら、鳥を探したが
他に何もいなかった。
 

レンタル掲示板
/92