teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


バベルの塔

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月21日(月)15時15分1秒
返信・引用
  暑いなあ。もういい加減に涼しくなってほしい。
昨日、この暑い中 嫁と中之島の国立国際美術館へ、ブリューゲルの「バベルの塔」
展を見に行きました。こんな暑い中、だれも来ないと思っていたら、物好きの人達が
いっぱい来ていました。このブリューゲルの「バベルの塔」の絵、思ったより小さい
。60センチ角くらいしかない。その中に、まあ細かく描いたものです。すぐ前で見る
のに行列。10分くらい並んだ。でも立ち止まらずに歩きながら見て下さいとのこと。
すぐ前で、虫メガネでじっくりと10分くらいかけて見たい。その夜、テレビの「日曜
美術館」で、この「バベルの塔」の番組をやってた。先に見ていれば、よくわかった
のに。岸田は双眼鏡いるで。
 
 

撮り鉄・花2017 夏編 その三

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月10日(木)14時56分25秒
返信・引用
  腹ごしらえの後、まずは九度山へ。ここはテレビドラマの「真田丸」の舞台に
なった所。今でも町のあちこちや、九度山の駅に六文銭の旗が。でも観光客は
ほとんどいませんでした。まあ、こんなもんですわ。ここから南海電車に乗っ
て、高野下駅へ。たった一駅乗るだけ。高野下駅からは川沿いに元の九度山方
面へ徒歩。ここは竜王渓谷と言うらしいが、川の名前は知りません。この川の
水は、かなりきれいで、あちこちでキャンプや水遊びをしていました。10分
ほど歩くと鉄橋にでます。ここが南海高野線の撮影ポイント。5本撮って、帰
りは九度山まで川沿いに歩きました。ちょっとした足慣らしでした。これで酷
暑の撮り鉄は終わりです。
 

撮り鉄・花2017 夏編 その二

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月 9日(水)13時53分33秒
返信・引用
  ひまわり園の次に行ったのは、すぐに近くの生蓮寺。ここのお寺には蓮の花が
あり、それも八重咲きの蓮花。小さなお寺の周りに鉢植えの蓮花が。でももう
終わりかけていた。八重の蓮花も少なかった。写し終えたらもう昼。五條へ来
たからには、食べるのはもちろん柿の葉寿司。たなかの柿の葉寿司と蕎麦を食
べて、英気を養い次なる所へ。暑いのに、よくまあ行けますなあ。
 

撮り鉄・花2017 夏編 その一

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月 8日(火)13時58分32秒
返信・引用
  先週はメチャメチャ暑かったけど、台風が来て、少し楽になった。暑い夏と
言えばこの花。ひまわり。ここ数年、鉄道とひまわりのコラボを撮ってない
なあ。では撮りに行こう。でもこの暑さの中、撮影に熱中していて熱中症に
なって倒れたら、どないしよう。誰にも発見されなかったら、そのまま、干
乾びてしまう。一人で干乾びるのは、ちょっと寂しいなあ。そうや、同じ干
乾びるんやったら岸田を道連れにしよう。と、言うことで、また岸田を道連
れに、奈良の五條市へ行きました。いつものことながら、岸田は車に乗るな
り、今日は霞んで視界が悪い。PM2.5がどうのこうの。湿度が高いから何チャ
ラ。でも五條に着いたら、視界も良く綺麗やった。ひまわりはまだ半分くら
いしか咲いてなかった。電車を4本撮った。もう暑くて暑くて。ひまわり園
は、陰がない。なんとかしてくれ。
 

残念ながら無理やなあ

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 8月 4日(金)12時32分10秒
返信・引用 編集済
  先日、また山本に、今度は和歌山へ連れて行ってもらいました。山本は本当にいろんなところをよく知っています。毎週日曜日は出掛けているそうです。よほど家に居られへんのやなあ。

関空から写した写真に明石海峡大橋が写っている??。ワシのも見てみました。ほんまや!かすかに写ってる。へ~~、あんなに視界が悪い日やったのに。で、この写真を画像処理でもう少し見えるようにしたのが写真1、2です(Google地図でみるとざっと29kmの距離)。

ところで、関空への着陸便と明石海峡大橋と夕日を重ねる?、えー、関空からは明石海峡大橋はほぼ北西方向とちゃうか?。その延長上に夕日はないと思うで。念のため、調べてみた。日没時の方位が最も北側に寄るのは1年のうちで6月中旬から下旬にかけてで、日没時刻は19:10~19:14頃で、方位角は299~300度やった。つまり真西(270度)から30度程北の方向で、関空スカイビューから見ると、淡路S.Aの方向や。かなり北に寄ってはいるけど、それでも明石海峡大橋の南端から2km程南や。
実際には淡路島の山の稜線に沈んでゆくので、さらに南側になる。夕日の中を着陸する飛行機は無理やけど、夕焼け空と橋となら撮れるかも。神戸空港なら9月28日頃から10月8日頃まで橋の方向に夕日が見えると思う。ただ、便数少ないからなあ。
まあ、山本もすでに気付いていると思うけど、もし山本が気付かずに関空へ行って夕日を待っていたら、他のオッサンが寄ってきて言いよるで。「何待ったはりまんねん?」「橋と夕日が重なるのを待ってまんねん」「えぇ~~!!オタクおめでたい人でんなあ。なかなかそんな人おりまへんでえ。珍しい人でんなあ」
 

500ミリ修行珍道中 最終編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月 3日(木)14時12分54秒
返信・引用
  関空で写した写真の一枚に、なんやこれは。わかりにくいけど、うっすらと
吊り橋が写ってるやないか。これは明石海峡大橋ですよ。この日は、天気が
悪く、肉眼では見えなかったけど、写真には写ってた。関空から明石海峡大
橋が見えるんや。これは、天気の良い日、それも夕方に行かなあかん。夕日
と明石海峡大橋をバックに着陸する飛行機を写しに。どんな写真が撮れるか
楽しみですわ。
 

500ミリ修行珍道中 関空 その三

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月 2日(水)15時57分59秒
返信・引用
  写真の飛行機、MD-11も伊丹では見れない。かつては、B747ジャンボやL1011
トタイスターと一世を風靡した、ワイドボディ機。もう飛んでいないと思っ
てたが、貨物機として元気に飛んでいました。この飛行機の特徴は、エンジ
ンの位置と、胴体の後方から出ている車輪です。まだまだ働ける飛行機です
 

500ミリ修行珍道中 関空 その二

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 8月 1日(火)13時55分49秒
返信・引用
  関空では伊丹では見ることが出来ない飛行機がまだまだあります。この飛行機
は、タイ航空のエアバスA380。ダブルデッキで800人乗り。関空でも、ひときわ
大きい飛行機です。長さはそんなにも長くはないけど、その胴体の太さ。他の
飛行機と比べると、一目瞭然。この飛行機の離陸シーンが見たかった。
 

500ミリ修行珍道中 関空 その一

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月31日(月)16時20分12秒
返信・引用
  和歌山電鉄貴志川線の帰りに関空へ寄りました。関空はターミナルビルからは
飛行機は見れないので、スカイデッキへ。ここからは、ターミナルビルや、離
陸する飛行機が見れます。なんと離発着する飛行機の多いこと。伊丹(大阪空
港)の比ではない。まあ半分近くがLCCみたい。ここでは伊丹では見ることが
出来ない飛行機も多く見れます。この日はだんだん天気が悪く、視界も悪くな
ってきたので、飛び立つ飛行機の撮影はパスし、ほとんど地上の飛行機を撮り
ました。写真の飛行機は、ロシアのアンガラ航空のアントノフAN-148です。こ
の航空会社は、ほとんどがチャーター便だとか。幸運にも、この日関空に来た
みたい。
 

500ミリ修行珍道中 和歌山電鉄貴志川線

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月28日(金)14時23分28秒
返信・引用
  和歌山へ来たからには、そうです、あの たま電車でおなじみの和歌山電鉄
貴志川線へ行かねばならない。これはもう義務です。貴志川線の撮影ポイン
トは、いろいろあるのですが、そう、この時期です。暑いからできるだけ木
陰から撮りたい。ならば、大池遊園でしょう。この暑いなか、大池遊園には
誰も来ていないと思ったら、一家族がBBQをしていた。電車が来るのを待って
いる時、池の対岸を見ると綺麗な建物が建っていた。以前は無かった。よく
見るとレストランのようだ。少し高そう。でも、もう昼過ぎ。腹も減った。
オッサン二人で入りましたよ。中も綺麗で、池側は総ガラス。景色も電車も
良く見える。メニューを見ると、そんなに高くはなかった。我々でも食べれ
るくらいですから。ランチメニューの中から、ワシは石狩ベーコンが何とか
言うやつを、岸田はホタテの何チャラ言うやつを食べた。美味かった。特に
岸田が食べたホタテの何チャラ言うやつの方が美味そうやった。大池遊園は
岸田も気に入ったらしいので、また来よう。その時は、ホタテの何チャラ言
うのを食べよう。言い忘れたが、両方パスタ料理です。食べたら、もう電車
は、どうでもよくなったので、引き揚げました。店の名前は、セントゼファ
ーやったかな?。
 

500ミリ修行珍道中 緑花センター 岸田の家編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月27日(木)13時45分18秒
返信・引用
  緑花センターの温室のサボテン。岸田はサボテンに囲まれて生活したい
らしい。
 

500ミリ修行珍道中 緑花センター夏の花編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月26日(水)15時06分7秒
返信・引用
  蓮の花もそうですが、やはり夏の花と言えば、ひまわり。みるからに夏の
暑い日を思い起こさせる花です。多くはないけど、ひまわりが咲いていま
した。その後ろには百日紅が。これも夏の花。珍しく、オニユリも咲いて
いました。
 

500ミリ修行珍道中 緑花センター蓮花編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月25日(火)14時25分1秒
返信・引用
  耳原公園では、ほとんど同じ距離での撮影だったので、いろいろな距離での
撮影や設定を試してみたかったので、23日の日曜日、岸田君を道連れに和
歌山方面へ行きました。まずはこの時期は、めっけもん広場へ行き、桃の争
奪戦に参加、なんとか桃と野菜をGET。家へ持って帰るなり、嫁はんと娘が、
やれ桃はまだ硬いだの、ナスビは大きすぎるだの、カボチャは種類が違うだ
の、メチャメチャ言われた。けど、そんな事はどうでもええ。
その近くの緑花センターへ蓮の花を写しに。ここの蓮池、葉ばっかり大きく
花は少なく小さい。でも入場料も駐車場代も無料やから、それくらいはしゃ
あない。いろいろ試した結果、このレンズ思ったよりええ。ただ重い。50
ミリでの解像度は、あまりええことない。400ミリ前後の解像力は、まあ
まあやなあ。全体としたら、これで満足ですわ。
 

耳原公園の鳥 最終編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月20日(木)14時16分17秒
返信・引用
  耳原公園には、あとカワウとカルガモがいました。西宮の新池のカワウは、数が
多いので、大きな顔をして、のさばっていますが、ここでは数が少ないので肩身
の狭い思いでいるようです。カルガモは、何処でも同じで、マイペース。2羽(
夫婦?)でゆったりと泳いでいました。これで、耳原公園の鳥シリーズは終わり
です。
先週から、我が家の周辺は大騒ぎです。熊が出没しました。えらい所に住んでん
ねんなあ。ほっといてくれ。自然がいっぱいなんですわ。自治会のパトカーは走
りまわるし、熊情報の回覧板は廻さなあかんわ。まだ住宅街までは来ていないら
しいけど、昨日は我が家から2キロ近くの所で見かけたらしい。どこから来たん
や、この熊は。新名神高速道路の工事で、住み家を追われたんとちゃうか。
我が家の近くは、野生動物がいっぱい。住宅街には、へびや、イタチ、タヌキを
見かけます。山のほうでは、イノシシや鹿を見かけます。ミニ動物園みたいな所
です。どんな所や。
 

耳原公園の鳥 ダイサギ編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月19日(水)14時26分36秒
返信・引用
  この公園にもダイサギがいましたが、数は少なかった。先に来ていたお二人さん
の話では、ダイサギは今は茂みの中の巣で抱卵中だとか。そう言えば、小枝をく
わえて飛んでいた。茂みの中は見えにくいので、たぶん写真3の奥にいるのが、
抱卵中のダイサギと思う。
 1 小枝をくわえて飛ぶダイサギ
 2 見張り?のダイサギ
 3 抱卵中のダイサギ(手前にいるのはコサギで、奥にいるのがダイサギ)
 

耳原公園の鳥 アオサギ編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月18日(火)16時42分10秒
返信・引用
  耳原公園では、コサギの次に多いのがアオサギ。アオサギも幼鳥が多くいました。
アオサギの幼鳥も、まだ体が小さい幼鳥はすぐにわかりますが、少し体が大きく
なれば、親と見分けがつきにくいです。でも成鳥は目の後ろの黒い帯がはっきり
していますが、幼鳥はまだぼやけているので、よくわかるそうです。良く見ない
とわからないです。鳥によって、いろいろ見分け方があるのですねえ。
 1 アオサギの幼鳥
 2 アオサギの幼鳥(少し大きくなっています)
 3 アオサギの成鳥


 

耳原公園の鳥 コサギ編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月14日(金)14時02分2秒
返信・引用
  耳原公園で一番多くいるのがコサギ。コサギの幼鳥も多い。コサギの幼鳥と
成鳥は色が違うわけでもなく、幼鳥は少し体が小さく、まだ顔が幼いので、
すぐわかります。ここのコサギの幼鳥は元気で、常に飛び回っています。写
真1のコサギの3羽の子は、ずっと喧嘩していました。見るからに悪ガキと
いうような顔つきです。
岸田が写した天王寺動物園のゴイサギ、PM2.5で汚れてるんやで。シャンプー
したったらええねん。
 1  コサギの幼鳥(兄弟?)
 2  コサギの幼鳥
 3  コサギの成鳥

 

ええなあ!

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 7月14日(金)09時26分52秒
返信・引用 編集済
  甲子園の写真はパナソニックのミラーレス一眼で撮ってます。撮像素子はAPS-Cより小さいですが、なかなか良く写ります。ただ、感度を上げているので、実際の画面は鮮明ではありません。

山本はついに清水の舞台、いや東京スカイツリーから飛び降りたのか。
事前に言うてくれたら、下に針の山でも置いてやったのに。50-500ミリのズームか。10倍ズームとはすごいなあ。35mm版で800ミリ相当やから、かなり遠くからでも狙えるなあ。しかし、フィルターがないとはなあ。シグマのホームページ見たら、95mmはあったで。定価で21,800円やったけど。これから超望遠の世界をいっぱい見せてや。
ワシのカメラバッグはそんなに高くないで。実売価格は1万円ほどやった。
耳原公園のアマサギは綺麗なあ。この鳥は高い木の上に巣を作るようやから、新池では見られんやろなあ。以前新池で撮った写真に写っていた名前の分らなかった鳥は、ゴイサギの幼鳥やったのか。山本の写真で分った。

山本が新池に来たら、サギジローが寄ってきて言いよるで。
「おっ、山本さんやおまへんか。それは新しいレンズでっか?。よー買えましたなー」
「失礼なやっちゃな。ワシかて買う時は買うねん。小遣いためてガンバッタもんなあ」
「なるほど。バッタもんでっか」「違うわい、何聞いてんねん」
「あー、パッチもんでっか」「腹たつやっちゃなあ。本物や。正規品のシグマのレンズや」
「へぇ~~、珍しいレンズ持ってはりまんなあ」
「ほっといてくれ。サギのくせに人間をバカにしやがって。もうこんなとこけえへんわ」

写真1:新池にもいたゴイサギの幼鳥?(去年の7月撮影 部分拡大)
写真2:天王寺動物園にいたゴイサギ。この柵の外側にも柵があって、1メートル程の距離に観客がいるのに、逃げようともしない。もともと飼われていて逃げ出したのか、野生なのか分らないけど、どうやらアシカが貰うイワシを横取りしようと待っているらしい。体の色がちょっと変。(2年前の10月撮影)
 

耳原公園の鳥 ゴイサギ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月13日(木)14時09分28秒
返信・引用
  耳原公園には、いろいろな鳥がいます。その中で見たことがない鳥がいま
した。名前がわからないので、このお二人さんに聞くと、ゴイサギの幼鳥
だとか。このゴイサギは生まれてからしばらくの間は、羽が茶色で白い斑
点があるのだとか。知らなかった。鳥のこと、まだ知らないことばかりで
す。このゴイサギの幼鳥は、よく飛びます。速い。なので飛んでるところ
は写せなかった。このゴイサギの幼鳥もこの時期しか、見れないらしい。
写真1  ゴイサギの幼鳥
写真2  ゴイサギの親子
写真3  ゴイサギの成鳥

 

耳原公園の鳥 アマサギ編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月12日(水)13時58分10秒
返信・引用
  耳原公園で先に来ていたお二人さんには、いろいろ教えてもらった。まず
今日はアマサギがいるとか。アマサギ?。そんな鳥知らないし、見たこと
がないので、探せない。木の茂みの中にいると、教えてもらったが、肉眼
では、なかなかわからない。500ミリにしてやっとわかった。この鳥、
少し小型で、全体は白で頭から背中にかけて薄い茶色をしている。初めて
見た。この鳥は、渡り鳥で夏にしか見れないとのこと。今回は1羽だけい
たが、普通は10羽くらいで行動しているらしい。たぶん、他のアマサギ
も来るのではないかと、このお二人さん、じっと待っているのだそうです
。気の長い話や。写真は拡大しています。
 

カメラの性能ですか

 投稿者:幹事  投稿日:2017年 7月11日(火)18時05分59秒
返信・引用
  岸田君の甲子園の写真 なんか素人には分からんけど解像度良さそうやね ピントがバッチリ
あって、甲子園の熱気が伝わるな  これから山本君の望遠レンズも楽しみやな
フライデー見たいな写真もたまに欲しいな~  暑いけどたのんます
 

耳原公園の鳥 序編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月11日(火)14時32分56秒
返信・引用
  新しく買ったレンズの試写に、早朝から茨木にある耳原公園へ行きました。
この公園には、西宮の新池と同じくらいの大きさの池があり、新池と同じよ
うに池の中央に島があり、そこは鳥のコロニーになっています。朝早くから
二人のオッサンがバズーカ砲みたいなレンズを付けて、撮影ポイントで構え
ていました。挨拶すると、二人のオッサンも丁寧に挨拶してくれたけど、そ
のうちの一人が、一言多かった。「珍しいカメラ持ったはりまんなあ。」ほ
っといてくれ。でもこの二人から いろいろ教えてもらいました。
レンズの話に戻ります。このレンズ、とにかく重い。手持ちで写すには筋ト
レせなあかん。でもAFはEOSには及びませんが速い。まあ、今までが遅過ぎ
た。それに手ぶれ補正が内蔵されてるから、SS1/200でも手ぶれしない。300
ミリでは常に1/1000切っとった。でも難点も。このレンズ、ズームすると、
ピントがずれる。レンズを下に向けると胴鏡が出てくるので、写し終わると
毎回ロックせなあかん。それにズームのリングの回転方向が逆や。動いてい
てる物は、少し遅れる。まあそのうち慣れてくるやろ。
耳原公園には、色々な鳥がいました。次回から耳原公園の鳥シリーズです。
 

とうとう買っちゃいました

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月10日(月)14時22分52秒
返信・引用
  能勢のフクロウを撮りに行った時、つくづく思った。もう少し長い望遠レンズ
が欲しい。で、清水の舞台、いや東京スカイツリーから飛び降りたつもりで。
買ったのはシグマのAPO50~500。ところが予想もしない事が次々と。カメ
ラ屋でレンズと一緒にフィルターも買おうとしたら、カメラ屋のオッサンが、
レンズの箱を開けてレンズ径を見て92ミリと確認したら、この径のフィルタ
ーは在庫してないとのこと。メーカーでも無いと思います、だと。ええー!。
また、箱の中を見て、あった。それは92ミリのレンズに86ミリのフィルタ
ーを付ける、ステップダウンリングだったのです。これで86ミリのフィルタ
ー使えますわ、と言って出してきた。値段を聞くと6000円。ええー。思わ
ず中古でええわ。けど中古はなかったのでしかたなく買って帰った。帰って、
また一難。86ミリのフィルターには付属のレンズキャップ付けられへんやな
いか。それにステップダウンリングとフィルターとレンズキャップ付けたら、
15ミリは長くなる。今使ってるカメラリュックに入らへん。裸で持ち歩くわ
けにもいかんし。しゃあない、岸田が使っているようなカメラリュックを買お
う。翌日、レンズキャップとカメラリュックを買いに行った。ヨドバシカメラ
やったら、いろいろあるやろと思って行くと、なんとその日ヨドバシカメラは
13%ポイント還元とか。知っとったらヨドバシカメラで買うのやった。リュ
ック売り場でまたびっくり。岸田が使っているようなリュック3~4万円もす
るやないか。そんなにするとは知らんから、金持ってへんかった。で、一番安
い8000円のを買った。家へ帰ってまた一難。このレンズ、レンズだけで2
キロの重さ。カメラを付けると3キロ近い。買ったリュック、さすがに安いだ
けあって、仕切りがフニャフニャ。大丈夫かいな。カメラを入れるとレンズの
先端が底に着く。しゃあないから、厚いラバーを引いたけど。さっそく8日の
土曜日、試し撮りしました。それは次回に。
 

甲子園劇場―3

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 7月 7日(金)11時35分4秒
返信・引用 編集済
  九州は大雨で大変なことになっています。こんな大雨今までみたことない、と地元の人も言っていました。間違いなく地球温暖化が引き起こした現象の一つでしょう。一刻も早く温暖化を阻止しないと、台風やハリケーンの超巨大化、ゲリラ豪雨の頻発、今回のような線状降水帯の発生、その他様々な異常気象等、地球は人類に牙をむき始めています。

スタシアカードで1,000円以上買い物したら観戦チケットが当たる、というので応募したら当たった。なんと内野席のアイビーシート。またヨメハンと観に行きました。内野席からの観戦は25,6年ぶりかな。その時も知人から貰ったチケットやった。しかし、今回の席も時々ファウルボールが飛んでくる場所。2回ほど近くに落ちてきた。
6/15 対西武交流戦 3-2で勝利 この日は9回までで11安打を放ちながら拙攻の連続で2点しか取れず、2対2のまま延長戦へ。結局延長10回裏に1アウト満塁から原口のレフト前ヒットでサヨナラ勝ちした。

甲子園に行く時は、4路線の電車乗り継いで行くか、駅前からバスに乗って阪神西宮駅まで行って電車に乗るか、その時の気分によるなあ。

写真1:観客に一礼直後。サヨナラ勝ちは至福の時。選手も輝いて見える。やっぱり内野席はよく見える。外野からではよくわからん。
写真2:ヒーローインタビュー サヨナラヒットの原口ともう一人は同点タイムリーの伊藤(隼)やったかな?。
写真3:トラッキーがタイガースの旗を持って走り回る。この中に入ってる男(だと思う)かなりのチョケでっせ。
 

梅雨時の雑草

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月 6日(木)14時05分26秒
返信・引用
  昨日、阪神はまた負けた。もうすぐDeNAに追い越されそうや。あかんなあ。
岸田は、甲子園球場まで4路線の電車を乗り継いで行くのか?。それとも
家からトコトコ歩いて行くのか?。
写真は何処にでも、よく見かける雑草です。
 

雨のアガパンサス

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 7月 5日(水)14時08分12秒
返信・引用
  阪神が勝った時は、試合が終わったらホームから一塁の線上にみんな並んで
帽子取って礼するやろ。負けた時はあの線上にみんな正座して、土下座がえ
えなあ。そのまま敗因の選手は残って、お座りインタビューしたらええねん
。ヤクルトの傘さしての応援は、おもろいなあ。勝った時は、あの傘に風船
付けて飛ばしたらええねん。
今日は朝から雨。朝飯食べ終わったら雨も小降りに。今や!。近所の雨に濡
れたアガパンサスを撮りに行った。アガパンサスは雨のために、みんな首を
垂れていたので、撮りにくかった。10枚ほど撮ったらまた雨が降ってきた
ので、今日はこれくらいにしといたろ。
 

甲子園劇場ー2

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 7月 5日(水)10時31分45秒
返信・引用 編集済
  5/18 対中日戦 1-2で負け
  糸井はノーヒット メッセンジャーは自責点2で負け投手
この日の席(3塁側アルプススタンド18段目61,62)の辺りはよくファウルボールが飛んでくるところ。万一に備えてヨメハンを左側に座らせた。そしたら本当にファウルボールが飛んできた。打った瞬間、ボールがどっちへ飛んだか分らないことがあり、この時もそうやった。回りの人の動きでこっちに飛んできていると気付いたとたん、目の前にボールが見え、うわっ!と思ったが、幸い、ワシらには当たらなかった。どうなったんや、と思っていたら係員が走ってきて、ヨメハンの隣の隣のご婦人に大丈夫ですか、医務室に行きましょうか?と言っている。どうやら右足の膝の少し上の外側に当たったらしく、そこを押さえながら顔をゆがめて凄く痛がっていた。
この辺りの席では、ずっと打席を注視して緊張感をもって観戦しないといけないので疲れる。

この日は1点差で負けた。せっかく来ても負けるとやはり残念やな。
去年、レフト外野席で観てた時、近くにヤクルトの応援団がいた。全部で100人ぐらいしかいなかったが、ヤクルトに点が入ると、一斉に立ち上がって青や緑のビニール傘をさして、東京音頭を歌いながら傘を揺らして踊りまくりよる。雨も降ってないのに。ちょっとムカつく。まあ、ええけど。負けた時は、一番不甲斐なかった選手に「ワタシのせいで負けました」と言わせて、そのお詫びに直筆サイン色紙やサインボールを100個ほど書かせて、ファンに無料で配る、というのはどうや。これならええやろ。
どうやって配るか?欲しい者同志で奪い合いのケンカさせて決める。手に入らんかった者はやっぱり「アホー、金返せー!」と叫ぶ。あれっ!あかんがな。
写真1:3塁側アルプススタンド18段目
 

甲子園劇場

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 7月 4日(火)11時39分45秒
返信・引用 編集済
  山本の家のアジサイの育ちが悪いのは例の車に足跡を付けるネコの仕業や。山本が怒るから仕返しにションベンをかけよったんや。

今年も西宮市民優待チケットが当たり、観戦に行きました。これで4年連続で夫婦二人ともそれぞれ当たっているので、毎年二人で2回ずつ行きました。
応募者が少ないからかな、と思っていたら、知り合い二人が外れた、と言っていたので、そうでもないらしい。
甲子園球場はカン、ビンの持ち込みを禁止しており、入場前の手荷物検査で、カンビール等は紙コップに移し替えさせられる。一人で紙コップ4つぐらい持つハメになってる人もいる(複数の場合は倒れないように持てるトレーをくれる)。しかし外野席は狭いので着席後、直ぐに飲まないと置き場に困ることになる。これは、ビジターチームのファンに向かって物を投げ込んだりしてケンカやトラブルが発生するのを恐れての措置でしょうが。
もう一つ、残念なことがあります。それは、相手チームが勝った時、甲子園球場では相手チームのヒーローインタビューの場内放送をしないことです。バックスクリーンの画面にも写らない。これも、そんなことをすれば負けた悔しさで阪神ファンがなにをするかわからない、という怖さのせいでしょう。しかし、他の球団(球場)ではやってくれるようです。全部かどうか知りませんが。
相手チームの応援団だって同じ観戦料を払っている大切なプロ野球ファンですから、阪神が勝った時と同様、勝利の余韻に浸る楽しみを味わいたいはず。甲子園でも出来る日が来ることを願っています。

4/27 対DeNa戦 5-2で阪神の勝利
  初回糸井の2点タイムリーヒットで先制、この回計3点
  先発藤波は5回で降板も勝利投手
写真1:座席はレフト外野席39段目のバックスクリーンに近いところ。
写真2:勝利まであと1人。その瞬間ジェット風船を飛ばすのを待っている。いつの間にかタコ入道も応援。
写真3:勝ったー!!
 

紫陽花 2017 我が家

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月30日(金)14時10分57秒
返信・引用
  今年の我が家の紫陽花、咲くのが遅い。おまけに花の数が少ないし、花も
小さい。何でやろ。去年の剪定が悪かったんかなあ。来年も咲くかなあ。
昨日、また阪神負けたで。それも弱い中日に連敗やで。どないなってんね
ん。あのFAで来たオッサン、やる気あんのんか。もっとヒッシのパッチで
やれよ。また監督、コロコロコロコロ選手変えたらあかんで。いっぱい出
しゃあええっちゅうもんちゃうで。高山も2~3試合打たへんから言うて
スタメン外さんでもええやろ。岡田監督は打てなくても、鳥谷をずっと出
しとったやろ。そやから今の鳥谷があるんやないか。負けて試合が終わっ
たら、お客みんなで「アホー」「ヘター」と書いた黒い風船上げて、昭和
枯れすすきを歌たらええねん。「ああーああ 阪神は負けたーー、あの、
中日に負けたーー。」
これで紫陽花シリーズは終わりです。
 

紫陽花 2017 上坂部公園

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月29日(木)14時08分21秒
返信・引用
  尼崎にある上坂部公園は、JR塚口駅のすぐ近くにある小さな公園です。
でも手入れがよく、年中花が絶えない植物園のような公園です。その
片隅に少し紫陽花が咲いていました。あまり目立たないのか、人も通
らないので、ゆっくりと写せます。
昨日も阪神は負けた。ずっと連敗中や。試合が終わったら、いつも思
うんやが、勝った時はお立ち台があるやろ。台に殊勲選手を乗せてイ
ンタビューするやつや。あれを、負けた時にもやったらええねん。お
座りインタビューや。敗因の選手や監督、コーチをグランドに正座さ
せて、みんなで罵るねん。「○○選手、今日の敗因は何ですか。」
「ハイ、私の不甲斐なさで皆さんに迷惑をかけて、すみません。」
「コラー!、アホー!」
それから車に乗せて、場内一周や。その時にお客さんみんなで罵りあ
って「帰れー、やめろー」六甲おろしの代わりに蛍の光でも歌うねん
。どうや、これ。ええ思えへんか。
 

レンタル掲示板
/82