teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


紫陽花 2017 紫陽花の小径 前編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月23日(金)14時24分39秒
返信・引用
  昨年、新聞か雑誌で見た伊丹の紫陽花の小径。正確な場所はわからず
ただ緑が丘公園の北とだけ覚えていた。とにかく緑が丘公園へ行って
みた。公園に一匹のネコがいた。
「ちょっと、そこのネコやネコ。この辺に紫陽花の小径があるらしい
 けど、知りまへんか。」
「紫陽花?。紫陽花やったら、そこの池の端にあるけど。」
「ちゃいまんねん。水路沿いにあるらしいけど。野良ネコやったら、
 この辺のこと、よく知ってる思って聞いたけど、知らんのか。」
「コラ!、誰が野良ネコやねん。ワテは飼いネコや。見たらわかるや
 ろ。こんなきれいなイケメンの野良ネコは、おらんやろ。」
「どこがきれいなイケメンやねん。何処にでもおる、普通のネコやな
 いか。」
「何言うてんねん。ワテはセレブのネコやで。気品が満ち溢れてるや
 ろ。わからんか?。」
「この辺にそんなセレブな家あるんかいな。」
「あるやないか。横見てみ。」
「ほんまや。白いきれいな家やなあ。ベランダに紫陽花もある。この
 家で飼われてるのか。」
「そうや。わかったか。」
「もうちょっと ええネコ飼うたらええのに。」
「ワテはええネコやないか。どこが違うねん。」
「それより、水路知らんか?。」
「水路は知らんけど、溝やったらここをまっすぐ行ったらあるで。」
「そうでっか。ちょっと行ってみるわ。じゃあネ。捨てられんように
 しいや。」
「へえ、おおきに。なんでやねん!。」
                      つづく
 
 

磯部ワールド2017

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 6月22日(木)22時40分34秒
返信・引用
  山本の紫陽花シリーズの前にちょっと割り込ませてもらお。

磯部画伯の個展を見てきました。会場のアートデアートビューは
外観はごく普通の民家で、外に案内がなければそこが画廊だとは
まず分りません。細い路地に面していて、こんなところに人が来る
のかな、と思いましたが、地域の社交場のような役割も果たしている
ようで、次々に人が訪問してきました。

今回は主に青と緑を使った作品で、その絵具は独特の工夫があり、
繊細で微妙な色使いは魅了されてしまいます。写真ではその色合いが
表現出来ませんが。
題名は、「ゾロアスターの風」、「墨攻」、「時の縁」等々、いつもの
ように理解不能ですが、年々進化する磯部ワールドでした。
写真3:なぜ帽子を被ったか?それはカメラマンが眩しかったから。
 

紫陽花 2017 尼崎元浜公園

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月22日(木)14時06分14秒
返信・引用
  やっと雨が降って紫陽花の季節らしくなった。この尼崎元浜公園もコミュニティ紙
に出ていた所。仕事帰りに行きました。センタープール前の近く。途中、道が混ん
で、着いたらもう6時前やった。日はほぼ沈みかけていた。小さな睡蓮の池の周り
に紫陽花は咲いていました。紫陽花は少ないけど、種類はまあまああった。
この後紫陽花シリーズが続きます。
 

能勢電

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月20日(火)13時52分36秒
返信・引用
  能勢まで行ったからには、能勢電を写さずには帰れない。もう何回も行って
るので、新たな撮影ポイントを探してあちこちウロウロしたが、結局定番の
いつも行くポイントへ。折り返し1往復写して帰りました。
 

能勢のフクロウ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月19日(月)14時07分41秒
返信・引用
  残念ながら尼崎農業公園 紫陽花編はおまへん。尼崎農業公園には紫陽花園
が無いのです。紫陽花はトイレの横に少し咲いていただけ。
17日は、ワシも岸田と同じこと考えていて、同じ結論やった。これからは
何回も走るやろから、ええ撮影ポイント探しとこ。
先週、コミュニティ紙に、能勢にある天然記念物の「野間の大けやき」に、
フクロウがいるとの記事があったので、17日の土曜日に行ってきた。もう
すでに20人ほどの人が来ていた。バズーカ砲みたいな望遠レンズを持った
人が三人。プロ用と思われるビデオカメラを持った人が一人。それぞれの撮
影ポイントに、三脚を据えて陣取っていた。他の人はみんな双眼鏡で見てい
た。フクロウは大けやきの茂みの中にいる。そこは日が射さないので暗いし
木の枝とフクロウの色が同じなので、なかなか肉眼ではわからない。写して
いる人に教えてもらって、やっとわかった。暗いから感度6400、全部ト
リミングしてます。一人のオバハンが言った。
「ああ、いたいた。天然のフクロウや。」それも言うなら、野生のフクロウ
やろ。他のオバハンが言うた。
「天満になあ、フクロウカフェがあってなあ。そこでは肩や手にフクロウを
乗せてくれるんやで。写真も写してええねん。」
ほんまかいな。フクロウカフェなんか聞いたことないで。
 

紫陽花編

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 6月17日(土)15時34分20秒
返信・引用
  山本の尼崎農業公園が「バラ編」ということは次は紫陽花編か?。
ほなお先に失礼しとこ。
紫陽花は例年なら梅雨の到来を感じさせる花ですが、今年は全然雨が降りません。
このままだと夏に水不足になってしまうかも。

今日は瑞風の初日なので、行こうかなと思っていたけど、
どの撮影スポットも大混雑になること必至なので、別の機会に
行くことにしました。

写真1,2:馬見丘陵公園の紫陽花
写真3:自宅の紫陽花
 

尼崎農業公園 バラ編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月16日(金)14時45分2秒
返信・引用
  岸田は歩いて馬見丘陵公園へ行ったのか。駅からあの狭い道をトコトコと。
野を超え古墳を超え。馬見丘陵公園は広いから、迷わず菖蒲園見つかったな
あ。まあ、歩くのも趣味やから、どおってことないやろけど。馬見丘陵公園
は、春のチューリップフェスタがええらしい。毎年行こうと思いながら忘れ
てしもて。気が付いた時にはもう終わってた。来年は覚えとこ。
この前行った水月公園も尼崎農業公園も、黄花菖蒲は無かった。そんなに希
少な菖蒲なのか。
尼崎農業公園は適当に植物を植えただけで、何の飾りっ気もない。でも小さ
いながらバラ園がある。バラはもうほぼ終わり。その中でまだ咲いているバ
ラを写しました。
 

黄花菖蒲もあった

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 6月15日(木)15時06分41秒
返信・引用
  馬見丘陵公園の花菖蒲はとても種類が多い。
写真3:黄花菖蒲。黄色が淡い色でとても上品。
 

奈良まで行ってきた

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 6月15日(木)14時58分54秒
返信・引用
  昨日は朝から快晴。これは出かけないと。PM2.5は少し悪いけど。
以前、黄花菖蒲のことを投稿したけど、実際の写真が手元にないので、
どこかに咲いてないかと探していたら、ちょっと前に馬見丘陵公園の菖蒲園が紹介されていて、
そこの写真に写っていたので行ってきました。

近鉄池部駅から徒歩でトコトコと。
馬見丘陵公園は奈良県営で入場無料、駐車場も無料。
広大な敷地をお年寄りが大勢で樹木や草花の手入れをしていました。
よく手入れされているので、とても気持ちの良い公園です。

菖蒲園の見頃は今月末までらしい。

 

尼崎農業公園 菖蒲編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月15日(木)13時59分43秒
返信・引用
  梅雨に入ったと言うのに、晴天の毎日。気温高くも、湿度低く、さわやかな
日々。夏が嫌いなので、このまま秋になれば良いのに。
先週、水月公園で花菖蒲を写したけど、まだ少し物足りない。何処か近くで
菖蒲園はないものかと捜した。あった、尼崎農業公園が。近い。で、昨日行
きました。小さな菖蒲園でした。人も少ない。来ているのは婆さん二人。(
公園全体で)まあ貸し切り状態。写し放題。でも菖蒲園が木々で囲まれてい
るのでバックがどうも。まあ、しゃあない。菖蒲だけ写すのなら、これで十
分。腕を棚に上げて贅沢は言えない。でも、もう一つ何かが欲しいなあ。
 

水月公園 後編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月13日(火)14時02分6秒
返信・引用
  菖蒲園にはもうカメラ爺さんが二人、カメラ婆さんが一人、カメラオバチャン
が一人熱心に菖蒲を写していた。早朝は年寄りばっかりや。花菖蒲は五分咲き
くらいかなあ。まだつぼみの株も沢山残っていた。ここは手入れが良いので、
気持ちがええ。終わった花は次々と摘み取っていました。後、仕事があるので
あまり長居は出来ないので、早めに切り上げました。次は、何処の菖蒲園へ行
こうかなあ。
 

水月公園 前編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月12日(月)14時03分57秒
返信・引用
  最近は休日や天気の良い日は、目覚めが早い。先週の9日の金曜日は
朝早くから「テッペンカケタカ」が鳴いて、早く目覚めた。せっかく
早く目覚めたので、仕事の前に早朝撮影に行くことにした。この時期
は、花菖蒲。花菖蒲と言えば、城北公園。でも仕事前に行くには、少
し遠い。では長居公園は、もっと遠い。大仙公園は、どこまで行くね
ん。もっと近いとこにないのか。あ、あった。池田の水月公園が。ま
あちょっと菖蒲園は小さいけど、近い。水月公園へ行くことに。
水月公園には まだ鯉のぼりがあった。前は鯉のぼりと言うと、真鯉
緋鯉の順に上から並んでたけど、最近は横に並んでる。階段を上がっ
て、池越しに菖蒲園を見ると、咲いてる咲いてる。花菖蒲は次回に。
 

新種?

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月 9日(金)14時07分43秒
返信・引用
  先日、朝から鳥を探して家の近くをウロウロしてたら、公園の木に
白い鳥が。よく見ると姿はハトのようだけど、白い。なんやこれは
。鳥博士の岸田先生、これは何ですか。新種のハトかなあ。
でも、鳴き声はやっぱりハトでした。
「食う食う、ポップコーン。食う食うポップコーン。」
「ポップコーンが欲しいのか?。残念ながら、今ポップコーン持っ
 てないねん。」
「食う食う、ポップコーン。食う食うポップコーン。」
「そんなにポップコーンが好きなのか。今度持って来るわ。どんな
 んが好きや。塩味か?。キャラメル味か?。」
「食う食う、ポップコーン。食う食う、ポップコーン。」
「わからん。」
 

鶴見緑地公園 その六

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月 2日(金)13時58分44秒
返信・引用
  この日の鶴見緑地公園は、大勢の人で賑わっていました。ジョギング大会や
カラオケ大会等のイベントも催されていました。気温も高く、噴水では子供
が水遊び。その近くではどこの神社でしょうか、祭囃子の練習もしていまし
た。祭りと言えば、祭り好きの高細君、最近音沙汰ないなあ。どないしてん
ねんやろ。同窓会にも来てなかったなあ。元気かなあ。
 

鶴見緑地公園 その五

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 6月 1日(木)13時57分59秒
返信・引用
  鶴見緑地公園に咲いていた花です。
1 はブラシの木
2 はラベンダー
3 は 名前がわからない黄色の花。たぶん雑草と思うけど。まあ、岸田
  が調べてくれるやろ。
 

鶴見緑地公園 その四

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月31日(水)14時00分6秒
返信・引用
  「ヨ!、何所行きよっと?。」
「・・・・・・・・」
「ウチの言うこと聞きよっと?。」
「・・・・・・・・」
 

鶴見緑地公園 その三

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月31日(水)13時49分32秒
返信・引用
  「ちょっと、ちょっと、引っ張ってーーー。」
「・・・・・」
「上がりたいけど、上がられへん。ちょっとーー。」
「・・・・・」
ここのアオサギは、みんな薄情や。
 

鶴見緑地公園 その二

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月30日(火)14時31分33秒
返信・引用
  「あ!、あかん。こんなん食べられへん。」  

鶴見緑地公園 その一

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月30日(火)14時17分30秒
返信・引用
  28日の日曜日は、何所へも行く予定は無かった。でもええ天気やないか。
と言うことで、鶴見緑地公園へ行きました。公園はかなりの人出でした。も
う睡蓮が咲いているのではと、睡蓮の池へ。池にはアオサギがいました。
「オッス、暇そうやなあ。あのなあ、睡蓮の池に入ってくれへんか。睡蓮の
 中のアオサギを写したいねん。」
「誰に言うとんねん。お前誰や。」
「ワシか。知らんか。山本や。西宮の新池のアオサギのアオタローかコサギ
 のサギジローから聞いてへんか。」
「ここは大阪や。西宮のことなんか知らん。」
「そうかあ。大阪のアオサギにも名前あるんか?。」
「あたりまえや。名前くらいあるわ。ワシはアオサギのコタロー言うねん。
 覚えときや。」
「ええ!。鷲がアホの詐欺におおてこけた。」
「何を聞いとんねん。お前メチャメチャ耳悪いなあ。頭もボケてるのとちゃ
 うか。」
「うん、三島池のキンクロハジロにも同じこと言われた。もうええわ。他の
 アオサギに頼むわ。おおーーい、誰か睡蓮の池に入ってくれへんかーー。」
「知らん知らん、知らん知らん。」
 

take off

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月29日(月)14時42分8秒
返信・引用
  先週の火曜日、朝テレビの天気予報で気象予報士の正木さんが
「今日は高気圧が西日本を覆ってきますので、概ね晴れですが、午後からは
 上空に寒気が流れ込んできますので、大気の状態が不安定になり、ところ
 により雷雲が発生しますので、急な落雷やにわか雨に注意して下さい。」
と言うてた。そうや、仕事の帰りに雷雲をバックに飛行機を写そうとカメラ
を持って出た。帰りに空を見るとうす曇り。まあしゃあない、離陸のシーン
でもとR171の猪名川の橋へ。ところがこの橋トラックが通ると揺れる。し
かたなく猪名川右岸の堤防へ。ここから滑走路が見えないので、飛行機の音
がして、機首が見えてからカメラを構えると、もう飛行機は遥か上空へ。(
1枚目、2枚目の写真)でもB777は垂直尾翼の先端が見えたので、離陸の
瞬間?が写せた。(3枚目の写真)次回は三脚を持って行こう。
 

阪急電車 千里山線

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月25日(木)14時19分50秒
返信・引用
  千里南公園へ来たもう一つの目的は。まあ、すぐわかるやろうけど、阪急電車
の千里山線を写すため。この位置からは、もう何回も写した。前回は10年以
上前。まだフィルムカメラやったと思う。たぶんバックの建物は、変わってる
と思う。千里山線の阪急電車は、あまり新しい電車は走ってないので、今回は
地下鉄の電車を写しました。
 

千里南公園のネコ

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月24日(水)14時02分49秒
返信・引用
  岸田は花や鳥のことに、詳しいなあ。感心するわ。ワシは最近やっと菖蒲と
カキツバタとアヤメの区別がわかるようになった。それに岸田とこの庭の大
池には、何でもあるんやなあ。鳥も花もいっぱいやし。遠くへ行かんでもえ
えから、安くついてええなあ。
千里南公園をブラブラしてたら、ネコが気持ちよさそうに寝てた。岩・何チ
ャラいうネコの写真家の真似をして、ローアングルでネコ目線で写そうと思
ったけど、バリアングルちゃうから、寝転がって写さなあかん。そこまでよ
うせんから普通に写した。ネコ、こっち向け、言うても知らんぷり。ニャー
ゴー、と言うたら起きてこっち向いた。愛想無いネコやった。下田とこのネ
コは、愛想ええか?。デッカイ ネコか?。
 

菖蒲もややこしい

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 5月23日(火)15時47分31秒
返信・引用
  山本が写したその花はキショウブではないか。キショウブは外来種で繁殖力が強く、要注意外来生物に指定されているらしい。日本で昔から栽培されていた菖蒲には黄色の花がなかったので、黄色のキショウブは重宝されたらしく、そのうち、花菖蒲との交配で黄色の花を咲かせる黄花菖蒲ができたらしい。黄花菖蒲の黄色は淡い黄色で、キショウブの色ははっきりした黄色や。どちらもアヤメ科アヤメ属に属しているが別物ということや。キショウブを黄菖蒲とも書くのでややこしい。
大池にはこのキショウブが毎年、勝手に咲いている。
5月2日撮影
 

千里南公園

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月23日(火)13時59分30秒
返信・引用
  何年か前の今頃かなあ、千里南公園でカルガモ親子を見たことがある。その
時はカメラを持ってなかって写真を写せなかった。今年もカルガモ親子がい
るかと期待して21日の日曜日に行きました。ところが、千里南公園の池、
全面にびっしりとアオコが。こんな所にはカルガモ親子は、いるわけがない
。いたのはハトとスズメ。池の周囲を廻っていたら、なんと北の端っこに1
羽のバンがいました。そこもアオコがあるけど、まだ少ない。また、よく見
ると、ハスのしげみにもう1羽。この2羽のバン、なんでこんな所におるの
か不思議でしたが、どうも餌をやりに来る人がおるらしい。この池におった
水鳥は、この2羽のバンだけでした。池の隅に、黄花菖蒲が咲いていました
。もうそろそろ花菖蒲の季節ですよ。
 

Yodobasi de Olympus

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月22日(月)15時43分7秒
返信・引用
  先週の金曜日、ヨドバシカメラへ行きました。カメラを買いに行ったんと
ちゃうで。パソコンのサプライ商品を買いにや。いつも入る北側の平面駐
車場は閉鎖されてた。なんでやねん!。しかたなく9Fへクルクルクルクル
と、目が回るわ。9Fに着いたら、なんやこれは。車がガラガラやないか。
平面駐車場は、いつもいっぱいやったのに。そうか、平面駐車場に入れて
る人は、ヨドバシカメラの客とちゃうかったんや。おまけに中央のエレベ
ーターも閉鎖してるやないか。ここはどないなってんねん。買い物を済ま
せてから、せっかく来たので2Fのカメラ売り場へ。目的は岸田が書いた、
オリンパスOM-D EM-1 MARK Ⅱを見に。あった。見た瞬間、なんやこの
値段は。岸田が持ってる7DⅡとあまり変わらんやないか。でも、コンパク
トなボデイに適度な重さ。ワシの小さな可愛い手にしっくりくるやないか
。広く明るいファインダー。速いAF。軽いシャッター。ええなあ、ええな
あ。でも、岸田やったらコンビニで物を買うみたいに、ほな買ってきまっ
さ言うて買えるけど。ワシはそんな事でけへんしなあ。そうや、岸田をお
だてたら買うやろ。そしたらすぐに、やっぱりフルサイズ機がええ。こん
なんあかん。もういらん言うやろから、その時安く譲ってもらおう。それ
まで待ってよ。それがええ。
写真は新池におったヒヨドリです。
 

マクロで雫

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月18日(木)14時14分33秒
返信・引用
  今、ネコがブームらしく、テレビでもネコがよく出てくるなあ。本屋でも
ネコの写真集がいっぱいある。それも、どこにでもおるような、普通のネ
コや。まあー、ネコは犬みたいにリードで繋がれてないから、外を自由に
歩き回ってるので絵になるんやろ。先月、京都の梅宮大社へ梅を見に行っ
た人の話やけど、どこかのカメラクラブの連中が来てて、その連中は梅を
バックにネコを写してたと。
新池のサギに名前が付いてるとは、知らんかったなあ。今度行ったら名前
呼んだろ。反応が無かったら別の名前付けたろ。サギに何回も何回も名前
言うて訓練したろか。まあ、周りに誰もおらん時にやけど。
先週の土曜日は朝から雨やった。昼前に止んだので庭の草木に付いた雫を
マクロレンズで写しました。
 

新池のサギ

 投稿者:岸田  投稿日:2017年 5月17日(水)11時23分16秒
返信・引用
  4月に阪急梅田店で岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」を見た。岩合氏の愛用カメラであるオリンパスのOM-D EM-1 MarKⅡの画質はすごく良かった。撮像素子の大きさはフルサイズの約4分の1(正確には3.846分の1)で、キャノンのAPS-Cサイズの1.477分の1しかないけど、レンズがええんやろなあ、立派なもんや。しかもオリンパスのデジカメには機能の面でもキャノンにはないものが多くある。重たいフルサイズから乗り換えたいぐらいや。ただ、オリンパスはずっとカメラ事業続けてくれるかどうか。
山本のカメラも花や風景写真では十分やけど、飛んでる鳥のような被写体ではAF性能の差が大きいで。はよええカメラ買いや。
山本をその気にさせるために、ワシが撮った写真をUPしとく。
今年の3月に新池に行った時の写真や。

ワシが池に行くと、アオサギのアオタローが寄ってきて言いよった。「またわたしらを撮りにきはったんでっか」「そうや、今日は飛んでるとこを撮りたいんや」というと、「ほな、2羽で飛びまひょか。コイツはワシの子分でアオニサイといいまんねん。
ほないきまっせ。それ!」と言って2羽で島を2周してくれた。
それで撮ったのが写真1と2で3は2のアップ(部分拡大)や。
カメラはEOS 7DⅡ(APS-C)でレンズは100-400mmのズームを使用。

このあと、アオタローに言うといた。「ワシの友達の山本というのがもしここへ来た時は、同じように飛んだってや」「えっ、どんな人でっか。ワシら知りまへんがな」
「貧相で値切りたおして買った安いカメラを持ってるオッサンや。おまけに背中には貧乏神と疫病神が取り憑いてるから直ぐに分る」 「えー! そんな縁起の悪いオッサン、見ただけでワシらにも災難が降りかかりまんがな。いやでっせ」「そこを何とか頼むわ」
「そうでっか。ほな、コサギのサギジローに相手するように言うときまっさ」
というわけで、山本に話かけてきたのはこのサギジローや(ほんまかいな)。
 

新池の鳥 後編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月16日(火)13時59分23秒
返信・引用
  新池の島には、3種類の鳥がいるけど、アオサギが一番多くいる。しかし
このアオサギ、あまり動かないし飛んで来ない。飛んでくるまで気長に待
っていると、またコサギがやって来た。
「なんや、まだおったんかいな。」
「アオサギが飛んで来るまで待ってんねん。アオサギはなかなか飛ばない
 なあ。」
「アオサギは今、子育て中やから、あんまり巣から出ないねん。」
「へえ、子育て中か。アオサギの子はどれや。みんな同じに見えるけど。」
「あの少し小さくて、頭の毛がボサボサのが子や。まあ、300ミリでは
 わからんやろけど。」
「やかましいわ。」
「あ!、ほら来た来た。アオサギが飛んできたがな。早く写さんと。・・
 写せたか?。」
「うう、後ろ姿を1枚だけ写っとった。」
「下手やなあ。」
「ほっといてくれ。もう帰るわ。」
「ほな、気い付けて帰りや。」
この後、広田神社を超えて満地谷の池へ行こうと思ってたが、買い物を
頼まれてたし、もうめんどくさくなったので帰りました。この新池には
年中鳥がおるのかなあ。
 

新池の鳥 前編

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月15日(月)13時58分32秒
返信・引用
  昨日は朝から曇り空。何処へも行けないなあと、思っていたが、昼前
から明るくなってきた。窓から空を見ていたら、カラスが「カーワゥ
カーワゥ」と鳴いて飛んで行った。そうや、鳥を写しに行こう。で、
伊丹の緑が丘公園へ行ったけど、鳥は一羽もいなかった。次に昆陽池
へ行ってみようとしたが、この日は近くにある自衛隊でイベントがあ
ったらしく、道路は渋滞。しかたなくR171へ出て西へ。そこで、そう
や、岸田とこの庭の新池へ行こう。ホームセンターに車を置いて池へ
。池の真ん中にに島があって、そこに多くのカワウ、アオサギ、コサ
ギが共同生活をしていた。でも遠いなあ、と思っていたら、コサギが
一羽近くへ来た。
「コラ!、誰の許しで写しとんねん。ここは岸田さんの庭や。知って
るんか?。あれ、見たことがあるなあ。アンタ岸田さんの友達ちゃう
か。そやったら好きなように写しや。そや、飛んでるところを写すか
。今から飛んだるから、上手いこと写すんやで。いくで、それ!。」
と言うたかどうか知らんけど、ここのコサギは愛想ええなあ。でもア
オサギは、あんまり愛想よくなかった。
 

LED表示器

 投稿者:YamaPhoto  投稿日:2017年 5月12日(金)14時02分43秒
返信・引用
  先月の30日に写した阪急電車の写真ですが、この2枚の写真を見て
何か気づきませんか。そうです、行先と特急とかの表示です。上の写
真は、両方とも普通に写っていますが、2枚目の写真は読めません。
これはどういうことでしょうか。調べました。これは表示器の違いで
あるらしいのです。1枚目の電車は、従来通りのバックライトによる
表示器で、2枚目の電車は新しいLED表示器なのです。では、なぜLED
表示器の字が写らないのか。それはシャッター速度に関係しているら
しいのだそうです。知らなかったのですが、LEDは電球みたいに常に光
っているのではなく、一定の周期で点滅しているのだそうです。この
2枚の写真は、シャッタースピードを1/1000で写していますので、シ
ャッタースピードが、速すぎるのです。では、どれくらいのシャッタ
ースピードなら写るのか。それは1/50~1/100くらいではないかと言
われています。そんなシャッタースピードでは動いている電車はブレて
写せません。まあ諦めるしかないようです。これからは、ほとんどLED
に変わっていきます。そうすると変な写真も多くなるのでは。
 

レンタル掲示板
/81